税理士向けの情報提供サービスを手がける税理士情報ネットワークの地区組織・名古屋ユーザー会(田辺雅範会長)は、「顧問先管理システム」を開発した。発注者の主体は税理士で、本格的なシステム開発の経験は皆無だった。開発に当たったITベンダーも税理士業務についてはほとんど知識を持ち合わせていない。通常ならプロジェクトを立ち上げることすら難しいケースだが、名古屋ユーザー会の税理士有志が相次いでITコーディネータの資格を取得。ここで得た“経営に役立つIT投資”のノウハウをフルに駆使してプロジェクトをスタートさせた。(安藤章司●取材/文)