リースの新会計基準が4月から適用されることとなった。会計のグローバル標準への対応などを理由にファイナンスリースがオンバランス化(貸借対照表に計上)しなければならなくなり、リースの需要そのものが冷え込むのではという懸念も出ている。一方で、大手リース会社ではウェブサービスの機能アップデートによる既存顧客や新規顧客の取り込み、外資メーカーなどではオペレーティングリースを活用した営業戦略に力を入れる。