OKIデータ(杉本晴重・社長CEO)はここ数年、中国市場で地道にチャネル開拓をしてきた。しかし、2007年度(08年3月期)は有力大手ディストリビュータを獲得できず、中国市場で初の減収減益になる憂き目を味わった。一転して、今期は大幅な業績アップを見込む。その理由は、地方税徴収向けで多い時には1日あたり100台の勢いで売れる有力ルートを開拓したことにある。