中小規模のシステムでもサーバー仮想化技術の活用が日常的なものになる──。マイクロソフト(樋口泰行社長)が10月中旬に発表したサーバー仮想化戦略「Microsoft 360 Virtualization」では、ライバルのVMware(ヴイエムウェア)の同等製品に比べてコストを約3分の1に抑えた。マイクロソフトは、市場への浸透を加速するため、仮想化技術者向け認定プログラムで約2500人、セールス・エンジニア向け認定プログラムで約8000人を今後1年間で認定する大規模な“地上戦”を展開する。このうち後者は年内1000人を目標とする意欲的なもので、仮想化市場のすそ野を一気に拡大させる策に打って出た。(安藤章司/谷畑良胤●取材/文)