ITシステム販社によるクラウドコンピューティングのビジネスモデルになり得る協業事例が登場した。S&Iは、このほどサービスプロバイダのジュピターテレコム(J:COM)およびデータセンターと組んで気象庁から「緊急地震速報システム」の案件を獲得。J:COMの回線を使ってデータセンターからアプリケーションをASPで提供する仕組みを構築した。サービスを受ける側に対するクライアント端末の設置やネットワークインフラの構築をインテグレータのS&Iが担当することになる。