その他

<特別企画>「SAM」に大きな動き ソフト資産管理の「強制力」を拡大

2010/02/25 14:53

週刊BCN 2010年02月22日vol.1322掲載

 国内で社会問題化しているソフトウェアの不正利用(違法コピー)を防止するため、IT業界で組織する団体などが企業内や地方自治体のソフトウェア資産管理(SAM)プロセスに「強制力」を発揮させようとする動きが活発化している。国際標準のSAM指針「ISO/IEC 19770-1」をJIS(日本工業規格)化することなどを含め、ライセンスを受けたソフトの適正管理を組織内で徹底させようというのだ。「法的リスク」があるにもかかわらず、違法コピーはあとを絶たず、地方自治体を中心に次々と発覚。コンプライアンス(法令遵守)上、組織内でSAMを実施することは必須になっており、ソフトのライセンスを提供する側の責任も問われてきそうだ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

<ソフトウェア資産管理特集>SAMの普及は「売り手」次第

<ソフトウェア資産管理特集>企業は大丈夫か? ソフトウェア資産管理に商機アリ

自治体の不正コピー 石川県、奈良市で大規模に発覚