上海万博に沸き立つ中国。内需に閉塞感がある日本の企業にとって、自社を成長軌道に導くうえで「巨大市場・中国」の存在価値は高まる一方だ。注目の的となっている中国に進出する日系企業は、現在約2万3000社。急速にその数を伸ばしている。その大半はITを利活用している。だがそのITシステムには、知らず知らずのうちに非正規版のソフトウェアが使われているのだ。日系企業に潜むソフト利活用上の“落とし穴”の実際と、講じるべき対策を考える。(取材/文●谷畑良胤)