【中国・上海発】日本経済に沈滞ムードが漂うなかで、製造業を中心とする国内企業の多くが新たな販路を求めて新興国、とくに中国市場へと進出している。これに伴って、日系企業が相次ぎ中国に現地法人を設立。一説にはその進出企業数は、2万~2万5000社といわれている。日本の多くのITベンダーは、ここに活路を見出し、伸び悩む日本IT市場の減少分を補填するために事業を強化している。進出した各ITベンダーは当面、日系企業を相手にするが、中国でのさらなる市場拡大を目指し、虎視眈々と中国ローカル企業への製品・サービス提供の機会を狙っている。現地の最近の様子を取材した。