その他

OKIデータ プリンタ製品群が完成 2011年度はシェア10%へ

2010/12/22 21:07

週刊BCN 2010年12月20日vol.1363掲載

 OKI(沖電気工業)のプリンタ専業会社であるOKIデータ(杉本晴重社長)が、この半年で「5年間無償保証」のLED(発光ダイオード)プリンタ「COREFIDO(コアフィード)」シリーズのラインアップを完成させた。今年10月上旬には、世界最薄(同社調べ)のA4カラーLED複合機と、ページプリンタで国内最大市場向けとなるA3モノクロLEDプリンタの出荷を開始。A3モノクロ機では、中堅・中小企業(SMB)をはじめ、同社で最も伸び率が鈍い大企業・官公庁を開拓する。フルラインアップで2011年度(2012年3月期)は、国内ページプリンタ市場で今年度のシェア8%から10%に拡大することを目標にしている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

OKIデータ ロシアに販売会社設立、シェア10%狙う

OKIデータ 社長 杉本晴重

「マネージド・サービス」で起死回生を狙うプリンタ業界