近年、大手コンピュータメーカーやSIerが中堅・中小企業(SMB)向けのサービス事業を強力に推進している。とくに活発な動きが目につくのは、富士通やNECに代表される国産の大手コンピュータメーカーの動きである。SaaSアプリケーションを拡販するため、全国に広がる数百、数千の販売店・系列店の流通網を活用し、これらパートナーにPaaS/IaaS環境を提供して迅速にSaaS事業を立ち上げられるように支援体制を築いている。