その他

KDDIとブランドダイアログが提携 スマホにアプリを乗せてKDDIが販売

2011/08/18 21:07

週刊BCN 2011年08月08日vol.1394掲載

 通信事業者のKDDI(田中孝司社長)、ソフトウェアベンダーのブランドダイアログ(bd、稲葉雄一社長兼CEO)とエイジア(美濃和男社長)の3社は、bd社が提供するSaaS・クラウド型の営業支援SFA/顧客管理CRM「Knowledge Suite(KS)」を中核にしたサービス提供とアプリケーション開発で資本・業務提携した。bd社がKDDIにこのサービス(「KS」)をOEMで提供。KDDIは、今年2月に設立したKDDIまとめてオフィス(佐藤司社長)やパートナーなどを通じ、Android端末などを合わせてサービスの販売を始める。bd社も独自にKDDI以外のOEM提供先と販売網の構築を開始する。今秋にはエイジアの主力製品「WEB CAS」と連携した新サービスを提供する予定だ。3社協業で3年後には、「KS」を8万社に納入することを目指す。(谷畑良胤)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

[特報・続報]KDDI、ブランドダイアログ、エイジアが資本・業務提携、「Knowledge Suite」をOEM提供し、全国販売網で拡販へ

<クラウドアプリ界の異端 ブランドダイアログ~その“キセキ”を追う>第1章 なぜ「Knowledge Suite」が選ばれるのか?

ウイングアークとブランドダイアログ、協業に秘めた思惑

ブランドダイアログ、名刺情報を容易にデジタル化するクラウド