通信事業者のKDDI(田中孝司社長)、ソフトウェアベンダーのブランドダイアログ(bd、稲葉雄一社長兼CEO)とエイジア(美濃和男社長)の3社は、bd社が提供するSaaS・クラウド型の営業支援SFA/顧客管理CRM「Knowledge Suite(KS)」を中核にしたサービス提供とアプリケーション開発で資本・業務提携した。bd社がKDDIにこのサービスをOEMで提供。KDDIは今年2月に設立したKDDIまとめてオフィス(佐藤司社長)やパートナーなどを通じ、Android端末などを合わせてサービスの販売を始める。bd社も独自にKDDI以外のOEM提供先と販売網の構築を開始する。今秋にはエイジアの主力製品「WEB CAS」と連携した新サービスを提供する予定だ。3社協業で3年後には、「KS」を8万社に納入することを目指す。

 bd社は、KDDIとエイジアを割当先とする総額4億円の第三者割当増資を実施。同社の現行資本金は資本準備金を含めて1億2450万円。増資後の資本金は、5億2450万円(資本準備金は2億5730万円)になる。KDDIの出資額は非公表。エイジアは、新株式250株(議決権割合・2.82%)の5000万円を引き受ける。今回の増資でKDDIは、bd社の第二位株主になる。bd社は、51%以上の自社株を保持して自社の独立性を確保したうえで、将来の株式上場を目指す方針だ。

 今回の資本・業務提携では、まずbd社が同社の「Knowledge Suite(KS)」をKDDIにOEM提供し、KDDIのブランド「KDDI Knowledge Suite(KKS)」として、6月下旬に立ち上げた法人向けクラウドの新ブランド「KDDI MULTI CLOUD」の一環でサービスの提供を行う。

 KDDIとbd社は、Android端末向けのアプリも共同開発した。KDDIの法人向けauスマートフォン(スマホ)にプリインストールして、同社の全国営業網で直販する。スマホ専用のSFA/CRMアプリは業界初という。

 また、KDDIが提供中の中小企業向け会員制プログラム「KDDIまとめてオフィス」の販売を専門に行うKDDIまとめてオフィス社が、オフィス内のOA製品や通信回線などと合わせて、プリインストール版のAndroid端末をソリューション販売する。KDDIの直販とKDDIまとめてオフィス社の販売員を合わせて、数千人規模で全国展開し、早期の市場拡大を目指す。

 一方、エイジア関連では、同社主力製品でCRMパッケージ市場のメール送信分野で国内シェアトップの「WEB CAS」を「KS」にインテグレーションし、リードナーチャリング(見込顧客育成)エンジンとなる連携サービスとして今秋にもリリースする予定だ。(この内容の詳細は「週刊BCN」8月8・15日号、Vol.1394で詳報 谷畑良胤)