中国最大の商業都市である上海。中国の全都市のなかで日本企業が最も多く進出している。約8000社の日本企業が拠点を構えており(2010年6月時点、在上海日本国総領事館調べ)、ビジネスの拡大を目論んでいる。ITベンダーも例外ではない。行き詰まった国内IT市場から飛び出し、上海を拠点に急成長マーケットで事業を伸ばそうと躍起だ。現地に飛んで、日本の有力総合ITベンダーとソフトメーカー、SIer、そして大手ユーザー企業の声を拾った。(取材・文/木村剛士)