日系SIerは中国の製造・流通業に熱い視線を送っている。製造・流通分野は日本の国際競争力が高い分野であり、日系ユーザー企業を中心とするサプライチェーンの構築需要や、中国地場有力企業からの引き合いが強いからだ。一方で、情報サービスの投資額が大きい金融・通信分野では、残念ながら日系SIerはこれまで十分なシェアを獲得してこれなかった。高度IT化が急ピッチで進む製造・流通業分野でシェア獲得を狙う。(取材・文/安藤章司)