レッドハットは、昨年度(2012年2月期)の売上高がグローバルで前年度比25%増の11億3000万ドルと、オープンソースソフトウェア(OSS)を主力事業に据えるベンダーとして初の10億ドル超えを達成した。日本の売り上げは、グローバルほどではないものの、それでも前年度比20%以上の増加を果たしている。好調の要因は何なのか。販社とのパートナーシップ深耕を重視したことが功を奏したとみられる。