その他

兼松エレクトロニクス PC遠隔制御サービスを光回線とセットで販売 SMB市場の開拓を目指す

2012/08/02 21:03

週刊BCN 2012年07月30日vol.1442掲載

 中堅・中小企業(SMB)向けにクラウド型商材の販売強化に取り組んでいる兼松エレクトロニクス(榎本秀貴社長)。同社は、パソコン遠隔制御サービス「DESKTOP+Plus」を西日本電信電話(NTT西日本)が提供するインターネット接続サービス「フレッツ光」に追加し、SMBに強いNTT西日本の販売会社を通じて売り込む。今後、同様のビジネスモデルを東日本にも横展開することを検討している。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

兼松エレと兼松コミュニケーションズが協業、スマートフォン・タブレット端末向けリモートアクセスサービス

NTTコミュニケーションズ リモートデスクトップの販売に本腰

NTT西日本 SMB市場向けパッケージ提供

【2012年 年頭所感】 兼松エレクトロニクス

<SMB市場攻略 特集>変貌する中堅・中小企業のIT投資

外部リンク

兼松エレクトロニクス=http://www.kel.co.jp/