11月1日付で、シマンテックの子会社となった日本ベリサインは、間接販売のチャネルをシマンテックに統合する。子会社化の完了に合わせて、シマンテックの河村浩明社長が日本ベリサインのトップを兼務する体制を敷いた。河村社長の下で、現在、チャネルの整理を進めている段階にある。現状、日本ベリサインとシマンテックの製品・サービスを別々に担いでいる販社を対象として、パートナー契約や営業担当を一本化する。こうした取り組みによって、販社は両社の製品・サービスを総合的に取り扱うことが可能になる。(ゼンフ ミシャ)