シマンテック(河村浩明社長)は、8月13日、Android端末向けのセキュリティ対策ソフト「Symantec Mobile security 7.2」を発売した。

 悪質なウェブサイトへのアクセスを検出・制限するだけでなく、ウイルススキャンや感染したアプリケーションの除去、使用するアプリケーションの制限などができる。約70のアプリストアと約300万種類のアプリケーションに対応。セキュリティ状況を分析してレポート化したり、自動化ソリューション「Symantec Workflow」によってプログラムを自動化したりして、ユーザーの負担を軽減する。

 位置情報の特定や紛失した際のリモートロックなど、デバイス管理機能を搭載。同日発売の「Symantec Mobile Management 7.2」と連携すれば、管理機能をさらにきめ細かく設定し、セキュリティ対策とモバイル管理を一元化することができる。デバイスを単体ごとではなく、企業単位にまとめて共通のコンソール上で統合的に管理することができる。

 価格は、「Symantec Mobile security 7.2」が、1デバイスあたり3700円(保守料込み)。2年目以降からは保守料が年間600円かかる。「Symantec Mobile Management 7.2」は、1デバイスあたり5700円(保守料込み)で、2年目以降の保守料は年間900円。シマンテックは、発売後1年間で100社への提供を目指す。

 発表会で、エンタープライズセキュリティプロダクトマーケティングの金野隆マネージャーは、「モバイル活用を支援するためには、デバイスのセキュリティ対策・管理だけでは足りない。モバイルで使うアプリ・データと実際に使う人間までを包括的に管理することで、ユーザー企業の生産性向上に寄与する」と話した。(真鍋武)

金野隆マネージャー