中国ITベンダーの日本法人は、主にオフショア開発の受注窓口として成長を遂げてきた。だが、中国のシステムエンジニアの賃金が急騰したり他国との競争が激化したりするなかで、新たな施策を打ち出すことが求められている。日本企業向けの中国進出コンサルティングや、日本製パッケージの中国での販売などに乗り出した中国ベンダーを取材した。(取材・文/信澤健太)