レッドハット(廣川裕司社長)は、パートナー企業向けにOSS(オープンソースソフトウェア)をベースとした製品・サービスが提案できるようになる技術者育成プログラムとして「レッドハットパートナーデベロッパープログラム」、プログラムを認定する制度として「レッドハットプロダクトスペシャリスト」の提供を開始した。パートナー企業を対象に3年間で1万人の技術者を育成する予定で、日本発の制度として世界各国に横展開する計画。技術者を増やして、一気にOSSを広めることが狙いだ。