その他

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>基幹システムでのアプリ連携 土壇場で選択した「最適」な製品

2013/11/28 21:02

週刊BCN 2013年11月25日vol.1507掲載

 ネットワークインテグレータ(NIer)のテリロジー(津吹憲男社長)は、今年11月、新たな基幹業務システムとして、プライベートクラウド上でERPのテスト運用を開始した。アプリケーションがサイロ化していた従来の基幹システムを刷新するとともに、今後、ITの販社としてクラウド商材を扱っていくことを見据え、まずは「隗より始めよ」ということでウェブベースの製品を採用した。実は、当初は別の製品に決まりかけていたのだが、土壇場で新たな選択をした。その理由とは?

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

内田洋行 「スーパーカクテル」にNTTデータビズインテグラルの基盤採用 中堅企業市場に本格参入

内田洋行、SMB向けクラウド対応ERPを発売、NTTデータビズインテグラルの「Biz∫APF」を採用

どれほど進んでいるのか NIerのサービス事業 進捗状況をみる

<いまさら聞けないキーワード>オンプレミス

外部リンク

内田洋行=http://www.uchida.co.jp/

おすすめ記事