マイナンバーの本格運用開始が迫るなか、ファイアウォールベンダーのパロアルトネットワークスは、総合行政ネットワーク(LGWAN)向けにクラウド型サンドボックスサービス「WildFire」の無償提供を開始した。閉域網であるLGWANを通じて、地方自治体向けにITサービスを提供できる「LGWAN-ASP」の仕組みを利用する。同社では、高機能ながら運用負荷が低いセキュリティ製品を自治体向けに用意することで、公共分野や地方に強いパートナーの開拓にも力を入れる。(日高彰)