マイナンバー制度の導入や相次ぐ情報漏えい事故で、今年はセキュリティ製品へのニーズが急速に高まった1年だったが、実際のセキュリティ事故では、マルウェアや不正侵入に対して一定の対策を講じていたにもかかわらず、外部への情報流出を許してしまったケースが少なくない。そこで、万が一データが盗まれた場合も実被害につながるのを防ぐ、データ保護ソリューション市場の活気が高まりつつあるという。(日高彰)