「Track B」の第1セッションでは、ティントリジャパンの猪飼光明・SEマネージャーが「仮想マシンを自動最適化!ティントリフラッシュストレージで快適仮想環境を!」と題し、ワークロードの多くが仮想環境上で処理される現代のITインフラに求められるストレージ製品について解説した。