ネットワールドは、販売パートナーを対象に主要なハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)を紹介するセミナー「これからのインフラの王道!! HCI販売の勘所セミナー@ルミナス神戸クルーズ」を開催した。シスコシステムズ、EMCジャパン(Dell EMC)、ニュータニックス・ジャパンの3社が協賛し、それぞれのHCIに関する最新情報と販売のコツ・ポイントを解説。大勢の参加者の高い関心を集めていた。各社セミナー後の懇親会では、抽選会も実施した。大きな盛り上がりをみせた、このイベントをレポートする。

協業を構築する場を提供

ネットワールド
米良貴幸
支店長

  セミナーの冒頭、開会の挨拶に立ったネットワールドの米良貴幸・関西支店支店長は、「2016年の販売はとても好調だった。その要因の一つが自治体でネットワーク関連の案件が多かったためで、とくにVDIとセキュリティクラウドの導入が目立っていた。ただ、年の後半は案件が集中したことで、技術担当者が、当社でもパートナーの方々でも足りなくなり、案件をこなせなくなるほどだったという声をたくさん聞いた」と語った。

 そのうえで、米良支店長は、「今日のHCIに関するセミナーの大きな目的は、こうしたリソース不足を改善するとともに、ビジネス拡大のヒントをつかんでもらうこと。そして参加者の皆様同士で、ぜひ協業関係を構築するための場にしていただきたい」と強調した。

時間をかけない設定がポイント

シスコシステムズ
國分功
コンサルティング
システムエンジニア

 一番手に登壇したシスコシステムズの國分功・コンサルティングシステムエンジニアは、「Cisco HyperFlex」を紹介。國分コンサルティングシステムエンジニアは初めに、「サーバーにCisco UCSを使用したHyperFlexはネットワーク、サーバー、ストレージ、いずれの構成も非常にシンプルであり、60分以内にネットワークを含めた初期設定・構成を済ませて、仮想化環境の利用を開始できる。作業工数も少なくて済む」と強調した。

 大きな特徴として分散型のファイルシステムを挙げ、「低遅延で、高いパフォーマンスを発揮できる。スケールアウトも柔軟かつ容易であり、人手をほとんどかけずに可能だ」と語ったほか、「運用管理はVMwareの『vCenter』でできる。大規模環境でも、UCS Director連携により、コンバージドインフラもHyperFlexも一元管理できる」とアピールした。

デルとの統合でベストな製品に

EMCジャパン(Dell EMC)
岩井秀樹
シニアパートナー
システムズエンジニア

 次いで登壇したEMCジャパンの岩井秀樹・シニアパートナーシステムズエンジニアは、ビジネスの変化が激しい現代において課題となるのが人材不足だと説明して、「ITも、その課題解決のために変わる必要がある。部材を一から組み立てるのではなく、購入後すぐに使えるものが必要だ。スピード、手間要らず、コスト減など、メリットが大きいコンバージドインフラが求められている」と語った。

 EMCジャパンでは、そうしたニーズに応えるためコンバージドインフラのVblockから、HCI製品「VxRail」と上位の「VxRack」をラインアップする。「EMCと子会社のVMware、さらにデルとの統合で新機能が加わり、このほど誕生したのがVxRail 4.0。VMwareと共同開発しているため、ユーザー環境でVMwareを採用していればベストなソリューションになる。加えて、DellのPowerEdgeを採用したことで、パフォーマンスやコストといった面でも大きなメリットを提供できる」とアピール。VxRail 4.0の各シリーズは、2016年中に発売予定のGシリーズを皮切りに、日本市場に投入していくが、「すでに見積もりはネットワールドを通じて提供できる」とした。

スモールスタートがメリット

ニュータニックス・ジャパン
浜川健太郎
本部長

 最後に登壇したニュータニックス・ジャパンの浜川健太郎・西日本営業本部本部長は、まず「当社はHCIのイメージが強いが、アプライアンスだけでなく、ソフトウェアをデルさんにも、シスコさんにも採用いただいている。ソフトウェアであるため、AWSやAzureなどクラウド上でも同様の機能が実現できる。エンタープライズクラウドプラットフォームとして、将来的にクラウドのマルチテナントにも対応する」と強調した。

 現在、HCI市場でニュータニックスは約6割のシェアを持ち、世界で顧客数が2年前の923社から4400社にまで急増した。また、売り上げの65%は既存顧客からのものだ。「クラウドサービスのようにスモールスタートが可能なため、追加オーダーが期待できる。実際、初期導入後の1年半で平均、約4倍ものオーダーがある」と前置きしたうえで、「日本市場でも顧客は急速に増加しており、北陸銀行様のVDI9000ユーザーという大規模事例もある。日本語対応で、小規模向けのXpressもラインアップしている。顧客への提案が容易にできるツールも用意しているので、ぜひ活用してほしい」とアピールした。