IaaSからPaaSへ。日本IBMが発表した2017年のクラウド戦略では、PaaSに傾注する姿勢が随所にみられた。クラウドのメリットを享受するには、物理サーバーからIaaSへという単なる置き換えではなく、クラウドネイティブなシステムを開発する必要があるとし、そのためには開発環境が重要になるというわけだ。IBMは、話題性のあるAIプラットフォーム「IBM Watson」をBluemix上で提供している。PaaSで存在感を示すことが、同社の強みの深化へとつながっていく。(畔上文昭)

日本IBM
三澤智光
取締役専務執行役員
IBMクラウド事業本部長

 日本IBMは、クラウド戦略の基本方針として「日本企業がクラウドの能力を100%活用し、コグニティブ機能を実装したエンタープライズアプリケーションを構築することを積極的に推進、支援していく」としているが、すべてのシステムをクラウド上で稼働させるという意味ではない。

 「既存システムは、オンプレミスに残す。この選択肢も十分にある」と、日本IBMの三澤智光・取締役専務執行役員IBMクラウド事業本部長は同社のクラウド戦略について語る。システムを再構築せずに、オンプレミスのサーバーから乗り換えるだけなら、クラウドのメリットを享受できないからだ。ただし、サーバーの運用管理からの開放を望む場合は、「物理サーバーのようにクラウドを活用できるベアメタルを提供しているのは、IBMの強み」(三澤専務)であるため、ベアメタルの利用を促していく。

 一方、オンプレミスからクラウドへと変えるべきシステムもある。時代の変化に対応できていない古いシステム、AIなどの新しいテクノロジーを組み込む必要が出てきたシステムなどは、柔軟性と拡張を備えるクラウドに最適化したアーキテクチャの採用を促している。加えて、新規のシステム構築においても、クラウドネイティブの必要性を訴えていく。

 クラウドネイティブなシステム構築を推進していくにあたって、IBMは小さなアプリケーションで実装していく「マイクロサービスアーキテクチャ」を全面的に採用し、そのための開発プラットフォームをBluemix上で提供する。小さなアプリケーションを組み合わせてシステムを構築することで、変化に対応しやすくなる」(三澤専務)。

 そこでIBMは、システム構築で活用されている主なツール(開発、テスト、デプロイ、運用)をBluemix上でシームレスに接続できるようにした。「オンプレミスからクラウドネイティブなシステム構築へと急に転換するのは難しい。そこで、従来の開発スタイルを踏襲できるようにした」と三澤専務は説明する。Bluemix上で提供するツールに、開発会社が利用しているツールやテンプレートを自由に組み込むことができる「Open Toolchain」として提供する。

 このほか、他社クラウドを含む多様なインフラへのデプロイ管理を容易にする「Cloud Automation Manager(CAM)」を提供。CAMは、開発したシステムを他社クラウドやオンプレミス環境にデプロイする機能などを備えている。オープンを志向するIBMとしては、自社クラウドにはこだわらないというわけだ。

 三澤専務は、「これまでのクラウドは、IaaSの採用が中心となっていた。クラウドの特徴を生かしたシステム開発は、日本ではまだ始まったばかり」と指摘し、Bluemix上で一気通貫の開発環境を提供することにより、企業向けクラウド分野で存在感を示していく考えである。