「証券共通API」の提供を開始

 日本IBM(エリー・キーナン社長)が、金融業界を中心に導入が進んでいるAPI関連の事業に力を入れている。6月28日には、「FinTech証券共通API」の提供と、TISによるリテール決済ソリューション「PAYCIERGE」への「IBM API製品群」の採用を同時に公表した。今後、ほかの業界でもAPIの活用が大幅に広がるとみており、先手を打って業界での主導権を獲得したい考えだ。(廣瀬秀平)