生き残りをかけ、正念場

 日本IBMのディストリビュータ大手のイグアスが、この7月からJBCCホールディングスグループの連結対象から外れるかたちで独立した。同社はIBMディストリビューションを事業の柱と位置づけつつ、同時に非IBMディストリビューションの新しいビジネスの創出にも意欲的に取り組む。イグアスがVAD(付加価値ディストリビュータ)を軸とするディストリビューション事業をどう伸ばしていくのか、そして課題はどこにあるのかを探った。(安藤章司)