システム運用の強みを生かしたサービスを立ち上げ

 システム運用を強みとする日立システムズエンジニアリングサービス(日立システムズES、帆足明典社長)は、継続課金(フィー)型とBPO(ビジネスプロセス・アウトソーシング)を組み合わせた独自のサービス事業の拡大に力を入れている。この10月からは“フィー型+BPO方式”による「グローバルセキュアデータ転送サービス」を本格的にスタート。IoT/ビッグデータ分析のフィー型+BPO方式による事業拡大にも意欲的に取り組んでいる。(安藤章司)