NTTグループの海外事業再編は、SIer最大手のNTTデータにとってどのような影響をもたらすのか――。今回の再編は、海外事業に強いグローバル主要3社の連携を促していくことで、海外での存在感を高める効果を狙ったものだ。その一方で、NTTデータが掲げている「マルチキャリア」の基本方針と相いれない部分も出てくる。NTT持ち株会社は「NTTデータは独立した現状を維持する」ことを明言するものの、現状維持では再編効果が限定的になってしまう恐れもある。NTTデータにとってもろ刃の剣となりかねない再編を、どうプラスにもっていくのかが課題といえそうだ。(安藤章司)