富士通(田中達也社長)は主要子会社の吸収・統合も視野にグループ内のリソース最適化を進める。週刊BCNの取材に対して田中社長が明らかにした。近年進めてきたSI子会社の吸収合併にとどまらず、さらに大きな構造改革を推し進め、収益体質の改善を断行したいという思いがにじむ。(本多和幸)