「ゼロックス」ブランドと決別し、「富士フイルム」ブランドで新たな市場の開拓に挑む方針を明らかにした富士ゼロックス(週刊BCN 1808号で既報)。現在は米ゼロックスと技術/ブランドライセンスや販売テリトリーなどを規定した「技術契約」を結んでいるが、2021年3月末を期限とするこの契約は更新せず、社名も「富士フイルム ビジネスイノベーション」に変える。1年3カ月後の新たな枠組みでのビジネス発足までに、どのような準備をして、どんな戦略で成長を目指すのか。富士ゼロックスの玉井光一社長が、週刊BCNの単独インタビューに応じた。(本多和幸)