その他

大手SIerの20年度業績見通し 第2四半期に“谷”が出現か コロナ禍が夏に収束すれば下期には回復も

2020/05/28 09:00

週刊BCN 2020年05月25日vol.1826掲載

 大手SIer各社は、コロナ・ショックで第2四半期(2020年7~9月期)に受注がいったん落ち込んだのち、下期(20年10月~21年3月期)には回復に向かうと見る。対面での営業活動が困難になった影響で新規顧客の開拓が滞り、その影響で第2四半期は業績の“谷”が出現。しかし、第2四半期中に正常化へ向かったと仮定すれば、「下期へのマイナス影響はある程度抑えられる」(TISの桑野徹会長兼社長)と予測する。対面営業の自粛が年末まで続くとすれば、玉突きで回復は来年度までずれ込む危険性があるものの、当面は第2四半期の落ち込みを下期でどれだけ挽回できるかが、今期業績を大きく左右すると言えそうだ。(安藤章司)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1