マネーフォワードグループのMF KESSAI(冨山直道社長)は、福岡銀行と、売掛金資金化(2者間ファクタリング)サービス「MF KESSAI アーリーペイメント」の実証実験を進めている。既存金融機関の従来の融資サービスでは対応が難しかった中小企業の資金調達ニーズにMF KESSAI アーリーペイメントが合致するかを検証する。サービス開発などを含む共同事業化を視野に入れており、冨山社長は「中小企業の運転資金需要は非常に膨大」と見て、地銀などとの協業により潜在的な巨大市場を積極的に開拓していく方針。近年のマネーフォワードグループのビジネスは、クラウド業務アプリケーションを起点としてFinTech領域のサービスを積極的に拡張しているが、その象徴的な取り組みとも言えそうだ。(齋藤秀平)