日本オラクルは2月12日、データベース製品戦略説明会を開催した。同社の三澤智光社長は、最新版「Oracle Database 21c」について、開発や運用管理などを統一できる「コンバージド・データベース」であることが大きな強みだと紹介し、他社の目的別データベースよりも優位性があると呼びかけた。

三澤智光 社長

 三澤社長は、スマートフォンが登場したことで「目的別のガジェットが統合され、低コスト化と小型化が実現した。さらに目的別のデータ連携はスマホ内で完結し、自動化もできるようになった」と説明し、これに似た変化がデータファイルシステムの世界でも起こっているとの考えを示した。

 具体的には「これまでの構造化データに加え、非構造化データも扱うようになり、さまざまな目的別のデータファイルシステムが生まれたが、目的別ガジェットの時と同様に不便利さも生み出した」と指摘し、「目的別データファイルシステムの不便利さをなくしていくためにはスマートデータベースが必要になってくるのではないかと思っている」と述べた。

 その上で「スマートデータベースをいち早く実装したのがOracle Database 21cで、われわれはスマートデータベースのことをコンバージド・データベースと呼んでいる」とし、「巨大なデータファイルシステムをオラクルが提供すると勘違いされる方がいるかもしれないが、実際はそうではない。目的に応じた小さなデータファイルシステムをシングルインターフェースで提供するということを非常に重要視している」と解説した。

 さらに「プラスアルファでオートノマスの機能をもたせることによって、さまざまなファイルシステムをバラバラに開発や運用することをなくし、小型化と同時に自立化や自動化を実現していくことも目指している」と強調。コンバージド・データベースを使用した場合のメリットについては「一つのインターフェースでさまざまなファイルシステムを使った開発や運用管理ができる。目的別データベースと比べると、統一された開発手法や運用管理、高度な可用性、拡張性、セキュリティを実現することができる」と力を込めた。

 一般的な例として、AWS(Amazon Web Services)の目的別データファイルシステムを使い、かつオンプレミスでオラクルなどのシステムを使っている環境を提示し、「非常に複雑で、データが断片化された状態だが、ユーザーはそれぞれの断片化されたデータを連携させるために、コストをかけて開発や運用をしている。われわれのコンバージド・データベースは、こうした断片化をすべてなくし、あらゆる方々が目的に応じた洞察や結果を得られるような仕組みになっている」と語った。

 クラウドの実行基盤についても言及し、「目的別データベースは、汎用クラウド・インフラストラクチャーで実装されており、データ管理運用の自動化、SLAの統一はされていない。一方、オラクルのクラウドインフラは、汎用クラウドよりも圧倒的に速いネットワークと完璧なテナントの分離、フル暗号化、データ管理運用の自動化とSLAの統一も実現している」と自信を示した。(齋藤秀平)