クラウドインテグレーターのサーバーワークスが、「Google Cloud」のクラウドインテグレーション事業を手掛ける子会社としてG-genを設立した。サーバーワークスはクラウド黎明期からアマゾン ウェブ サービス(AWS)の日本市場での成長を支えてきた有力パートナーであり、「AWS専業」の姿勢を明確にして成長を続けてきた。しかし、リモートワークを前提とした新しい働き方やビジネスモデルの再構築を迫られる企業が増え、従来以上にクラウドの活用が急拡大するにつれ、顧客のニーズは多様化している。AWSだけでは解決できない課題も増えてきたことから、マルチクラウドに本格的に舵を切る。(本多和幸)

 G-genはGoogle Cloudのリセール(請求代行サービス)、インテグレーション、運用代行や監視・障害対応のマネージドサービスなどを手がける。特徴的なのは、発足時からGoogle Cloudの最上位パートナーであるプレミアパートナーとしてビジネスを開始することだ。

 このスキームが可能になったのは、サーバーワークスが韓国のクラウドMSPであるべスピン・グローバル(べスピン)と協業関係を結び、持株比率50%ずつの合弁でG-genを設立した経緯があるからだ。べスピンは韓国や中国、東南アジアなどを中心に事業を展開しており、Google Cloudの東アジア地域における有力パートナーの一社。プレミアパートナー認定を取得している。G-genはべスピンのリセールチャネルを利用することで、Google Cloudを5%割引で提供する。これは国内最安値レベルだという。

 サーバーワークスの大石良社長は「単独では最初から5%引きという価格では出せなかった」と話す。G-genの案件ではべスピンのエンジニアが稼働する体制も整えるなど、協業のスキームをうまく構築することでプレミアパートナーとしての要件を満たした形だ。
 
サーバーワークス 大石 良 社長