NTTPCコミュニケーションズは、付加価値の高いアプリケーション領域やAI需要に応える商材拡充に力を入れる。腕輪型の脈拍センサーによって従業員のストレス状態を可視化したり、スポーツ・ヘルスケア業界向けに身体の動きをデータ化。また、AIの深層学習やデータ分析に役立つGPUサーバー商材を手厚くしている。既存の主力事業であるネットワークやデータセンター(DC)のサービスとは、「毛色の違う新しい領域にも果敢に進出する」と、今年6月に同社トップに就任した工藤潤一社長は経営方針を示す。
 
工藤潤一 社長

 同社は1990年代にハウジングサービスを業界に先駆けてスタート。ホスティングやVPS(仮想専用サーバー)などのDCサービス、遠く離れた拠点やパブリッククラウドとの通信帯域を確保するSLA(品質保証)付きIP-VPNサービスをはじめとするネットワークサービスを強みとしてきた。だが、ホスティングやVPNサービスだけでは付加価値を高めにくく、価格競争にさらされやすいことから、ここ数年の売上高はほぼ横ばいで推移。成長路線への切り替えが経営課題になっている。