その他

キヤノンITソリューションズ 大学経営などを調査分析する「IR」に参入 「in Campus IR」販売でシンクベースと協業

2021/10/21 18:10

週刊BCN 2021年10月25日vol.1896掲載

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、大学の経営や教学を調査・分析を支援する「IR(インスティテューショナル・リサーチ)」分野に参入する。同社が開発する学習管理システムや学生向け情報ポータル機能を提供する「in Campus(インキャンパス)」シリーズの製品ラインアップの一つとして「in Campus IR」の販売を今年11月下旬から始める。in Campus IRの開発や販売に際しては、大学経営や教学の専門的な知見が必要なことから、この分野で10年余りの実績があるシンクベース(大阪市、木下昌久社長)と協業する。
 
森下治部長

 4年生大学は全国に約780校あるが、少子化の影響で入学希望者数が大学定員数を下回る“大学全入時代”が目前に迫っているとされる。大学経営にとって優秀な学生の確保は大きな経営課題であり、学生にとっても十分な質を伴う教育を受け、希望に沿った就職につなげられるかは大きな関心事。だが、現状を見ると「IRの科学的なデータに基づいて経営や教学を可視化し、評価できている大学は全体の2割未満」と、キヤノンITSの森下治・文教ソリューション営業本部第四営業部部長は見ている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

キヤノンITソリューションズ AI OCRを中堅・中小企業に拡販 kintoneとの連携でユーザー数倍増目指す

「kintone」と連携、キヤノンITSがクラウド型AI OCR「CaptureBrain V2.1」を提供

インターネットEDI移行を加速、キヤノンITSとインテックが共同プロモーション

外部リンク

キヤノンITソリューションズ=http://www.canon-its.co.jp/

おすすめ記事