キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、SaaS対応のAI OCRソフト「CaptureBrain」と、サイボウズ「kintone」との連携を10月中旬に始める。今回の連携によって、紙文書をAI OCRで読み取ったデジタルデータを、kintoneで開発した業務アプリへスムーズに取り込むことが可能になる。CaptureBrainは昨年10月にSaaS化したが、「利用者を一段と増やすには、より規模の大きいkintoneのビジネス生態系に入るのが近道」(デジタルビジネス企画部企画第一課の山野雄也氏)と判断した。
 
山野雄也氏

 CaptureBrainは、キヤノンITSが独自に開発した金額表記、電話番号などの読み取りを強みとするAI OCRエンジンやCogent Labs(コージェントラボ)製の汎用性に優れた手書き文字認識エンジン「Tegaki」などを組み合わせて認識率を高めた。