クレオ(柿崎淳一社長)は、近年注力するクラウド型業務アプリケーションの訴求と並行して、デジタルトランスフォーメーション(DX)支援に関するマーケティング活動を強化する。同社のDX支援事業は、企業と社会が「ITの恩恵を享受し続ける」機会を提供するのが目的であるとしており、そのビジョンやDXへの正しい理解を深めてもらうための事業ブランドサイトを開設するなど、同社が提供できる価値のアピールに努めている。
 
平田恵輔 部長

 事業戦略本部マーケティング統括部プロモーション部の平田恵輔・部長は、「昨今働き方改革が社会的に要請されたのに加え、コロナ禍への対応に迫られたことで、多くの企業でデジタル化が進んだ。しかし、本来のDXは外的要因を乗り越えるための個別的な取り組みではなく、企業そのものの変革を目指したIT戦略に基づいて行われるもの」と指摘し、単純なIT製品の導入を指してDXと呼ぶような動きに危機感を示す。