チームビューワージャパンは主力製品のリモート接続ソリューション「TeamViewer」シリーズの活用範囲を広げ、国内のビジネス拡大を模索している。11月11日、ディストリビューターパートナーであるSB C&Sと共同で、TeamViewerシリーズを使ってドローンの空撮映像を遠隔地に共有する実証実験を行った。チームビューワージャパンの小宮崇博・ビジネス開発部部長は「危険を伴う災害現場や、インフラの保守管理の現場などで有効に使える可能性が実証できた」と手応えを語り、SB C&Sと共同で産業用ドローンとリモート接続ソリューションを組み合わせた商材開発に取り組む可能性も示唆する。
 
DJIの高性能な産業用ドローンを利用

 実証実験は群馬県板倉町の渡良瀬運動場で行った。20倍の光学ズームレンズや赤外線センサーを搭載したDJI製の高性能ドローンを使い、テザリング機器経由で4Gのモバイルネットワークに接続したドローンのスマートコントローラーと実験現場のホストPC、東京オフィスのPCをリモート接続。空撮映像の共有や、インタラクティブな音声通信を試みた。当日は、運動場内で活動する人の状況を、顔が識別できるレベルの高解像度なズーム映像やサーモグラフィーで確認でき、東京のオフィスともリアルタイムに問題なく映像を共有できた。
 
スマートコントローラーの画面。
高度約150メートルから顔が識別できるレベルのズーム撮影も可能