さくらインターネットの子会社でMSP(マネージドサービスプロバイダー)事業を展開するアイティーエムは、新たにクラウドシステムマネジメントとセキュリティサービスを軸とした「Managed Cloud & Security Service Provider(MCSSP)」事業を開始した。河本剛志社長は「デジタルトランスフォーメーション(DX)推進に取り組む企業において、クラウドの運用やセキュリティが明確な課題となっているため、そこに特化したサービスを提供していく」と述べた。現在は、サービスラインアップの拡充に注力しており、3月以降に本格的に事業展開していく予定だ。
 
河本剛志 社長

 アイティーエムは、20年以上MSP事業を展開しており、オンプレミスからクラウドまで、顧客企業が持つさまざまなシステムの運用監視、障害対応を24時間365日体制で支援してきた。現在までに、約800社5000ノード以上の運用実績を有しているという。

 これまでもクラウド環境の運用やセキュリティ診断といったサービスを提供してきたが、新規事業として展開する。河本社長は、「当社がクラウドとセキュリティに特化したサービスの提供を強化していくことを明確にすることが狙いだ。当社には多種多様なシステムを長年、運用してきたことで高い技術力と障害対応などのノウハウが備わっている。MCSSP事業でもその強みを生かしていく」と説明する。なお、MCSSPは同社による造語だとしている。

 MCSSP事業は、「クラウド環境に関する設計、構築、監視運用対応」「Webアプリケーション、サービスに関するパフォーマンス管理」「ITガバナンスやコンプライアンスに関する企業の目標達成のためのセキュリティ対策支援」「関連するシステムのアセスメント、コンサルティング対応」で展開する。

 現在は、セキュリティサービスの拡充を進めている。2021年10月にIaaSのセキュリティリスクを診断する「クラウドセキュリティ設定診断サービス」を開始したことを皮切りに、「システムプラットフォーム層脆弱性管理サービス(外部スキャン)」「WEBアプリケーション層脆弱性管理サービス」「WEBアプリケーションファイアウォール運用サービス」をラインアップに追加した。

 当面は「OSS脆弱性診断サービス」や「システムプラットフォーム脆弱性診断サービス(内部スキャン)」、「アプリケーション/ネットワークパフォーマンスモニタリングサービス」を3月までにリリースする予定だ。「クラウド環境では自社のセキュリティポリシーが適応できないケースも少なくない。当社のサービスを利用することでポリシーに近いセキュリティ環境を構築できる」(河本社長)。