その他

日立製作所の「JP1」事業 “運用統合”の領域へ進出 「Ops I」で運用手順をプログラム化

2022/02/17 16:00

週刊BCN 2022年02月21日vol.1911掲載

 日立製作所はクラウド版の統合システム運用管理「JP1 Cloud Service」の新機能として、運用統合サービス「Operations Integration(Ops I=オプスアイ)」の販売を3月31日から始める。“運用統合”とは運用方法が異なる複数のシステムを統合的に管理する手法で、「Ops Iはユーザー企業の運用手順の領域まで踏み込んだ新しいサービス」(柴田幸祐・運用マネジメント本部システム管理サービス部担当部長)と位置づける。
 
柴田幸祐 担当部長

 従来のJP1シリーズは、あくまでもシステム運用管理の“ツール”であり、ユーザー企業の運用手順まで踏み込む製品ではなかったが、Ops Iでは、運用手順をプログラムのコードに書き込み、実行する「オペレーション・アズ・コード(運用のコード化)」の手法によって運用統合を実現。ユーザー企業の運用領域をカバーするサービスに仕上げた。

 客先設置型の古い世代のシステムでは、開発した時期や用途によってシステムがサイロ化し、運用手順もシステムごとに異なるケースが多かった。既存システムを一足飛びに運用統合するのは困難であるため、「まずはクラウド上に構築された新しいサービスを主な対象とした運用手順のコード化で属人性を排除する」(加藤恵理・デジタルマーケティング部デマンドジェネレーショングループ主任技師)と、Ops Iによる運用統合を推進していく。
 
加藤恵理 主任技師

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

日立製作所と西日本鉄道 アプリによる混雑回避・経済活性化の実証実験 ユーザー特性ごとに経路や立ち寄り先を提案

日立システムズ、インドのグループ企業を社名変更 Chairmanも交代

外部リンク

日立製作所=https://www.hitachi.co.jp/