周辺サービスの強化を目指すピー・シー・エー(PCA)の戦略「PCA HUB構想」が本格始動する。3月1日に同構想の「中核」との位置づける新しいオンラインストレージサービス「PCA Hub eDOC(ピーシーエーハブイードック)」をリリースする。競合ベンダーの間で周辺サービスを強化する動きがある中、PCAはデータの一元管理を起点とした業務効率化を訴求する考えだ。

 PCA Hub eDOCは、2021年10月12日でサポートを終了した文書管理ソフト「PCA eDOCX」の後継サービス。オンラインストレージサービスとして必要な機能や操作性、セキュリティ環境を備えていることに加え、「PCAクラウド」や「PCAサブスク」とのシームレスなデータ連携が可能な点が特徴だ。今年1月に施行された改正電子帳簿保存法にも対応する。
 
川村和弘 課長

 川村和弘・事業戦略部プロダクトマーケティングセンター課長は「会計ソフトで扱うExcelファイルやCSVなどの構造化されたデータに加え、PDFなどの非構造化データも含めて生かす仕組みがこれからは必要になる」と説明し、PCA Hub eDOCについては「構造化データと非構造化データを一元管理できるプラットフォームとしてアピールしていく」と話す。