その他

【Society 5.0を支える IoTデバイス“ナノコン”の可能性・4】省電力なセルラー通信を「Leafony」へ、最新LTE-Mリーフを紹介

2022/10/07 10:00


 宅内家電やスマートフォンとの連携、またはセンサーから取得したデータをクラウドへ転送するためにBluetoothやWi-Fiなどの通信機能を搭載しているIoT機器は今や珍しくない。だが、初期設定するための画面やボタンが具備されていないIoT 機器も多く、使いこなすにはユーザー側にも一定の知識が要求され、これがIoTの普及を阻害する一因にもなっている。解決策の一つとして挙げられるのは、通信事業者が提供するLTE-Mに代表される「セルラーIoT」の活用だ。お客様が機器の電源をオンにするだけで、ネットワークへの接続と機器の設定が完了し、すぐに使えるIoTを実現できる。

 KDDIは2018年1月からLTE-Mサービスの提供を開始した。また同時にIoTデバイスのPoC(Proof of Concept、概念検証)でLTE-M機能を容易に使えるよう、トリリオンノード研究会とメンバー企業・団体の協力の元、「LTE-Mリーフ」を2018年から提供開始し、IoTを構築する開発者側の負担を軽減するための支援も積極的に行っている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

【Society 5.0を支える IoTデバイス“ナノコン”の可能性・3】Arduinoユーザー必見、超小型・低消費電力ボード「Leafony」

【Society 5.0を支える IoTデバイス“ナノコン”の可能性・2】普及に向けたMCPC「ナノコン応用推進WG」の取り組み

【Society 5.0を支える IoTデバイス“ナノコン”の可能性・1】小型・ボタン電池駆動・組立簡単を実現

外部リンク

モバイルコンピューティング推進コンソーシアム=https://www.mcpc-jp.org/

Facebook=https://www.facebook.com/mcpc.ncwg

Twitter=https://twitter.com/mcpc_ncwg

ナノコンハンドブック 第3版=https://www.mcpc-jp.org/pdf/20220310_Nanocom.pdf

トリリオンノード研究会=https://trillion-node.org/