飛行機に乗って海外旅行にいく。白石辰郎の趣味だ。ただし、好きなのは海外旅行ではない。飛行機に乗るのが好きなわけでもない。フライトスケジュール通りに飛んでくれないというリスクが、何とも楽しいのである。出発が遅れることはよくあるものの、結局は「だいたい納まっている」という曖昧な世界に、白石は自由を感じている。苦手中の苦手といえば、日本の鉄道。時間に正確過ぎて、どうも居心地が悪い。