落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>

Special Feature

<創刊30周年記念特集 5年先のIT業界を読む>「スマートシティ」が本格的に普及──ITの商流はこう変わる!

2011/10/27 21:33

週刊BCN 2011年10月24日vol.1404掲載

 情報通信技術(ICT)を活用して、都市という広い枠でインフラの改善を図る「スマートシティ」。これまで日本は普及が遅れているといわれてきたが、電力供給不足を契機として本格普及が進もうとしている。ICTベンダーは、自治体や住宅メーカーに通信ソリューションを提供するなど、スマートシティのビジネス化を模索しているところだ。スマートシティの普及によって、ICT商流はどう変わるか。5年後のICT市場を展望する。(取材・文/ゼンフ ミシャ)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!

関連記事

IDC Japan、国内スマートシティ関連IT市場を予測、2015年には5352億円に拡大

急拡大「スマートIT」の最前線! 大手ベンダーの動きを追う

スマートコミュニティに熱い視線 3兆円を超える経済効果に期待