Special Feature

日中情報サービス産業の未来 新しい協業のあり方を探る

2012/10/25 21:33

週刊BCN 2012年10月22日vol.1453掲載

 日本と中国の間で政治的緊張が続くなか、情報サービス業界は難しい舵取りを迫られている。SIer幹部のなかには、ASEAN/インド重視を意味する「脱中入亜」を唱える声も一部にあるが、日中の経済的結びつきの太さを考えると、実現性があるとは言い難い。(取材・文/安藤章司)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

変貌する「中国ビジネス」の協業~日中SIerの思惑、そして留意点は

中国の日系SIerが新たなフェーズに突入 現地企業からの案件獲得が増加

ISVの中国ビジネス 着実に進むチャネル開拓 販売、開発の現地最適化を推進