Special Feature

立ち上がる沖縄クラウド “オール沖縄”体制でDC整備が進む

2013/04/11 21:33

週刊BCN 2013年04月08日vol.1476掲載

 沖縄クラウド事業が本格的に動き始めようとしている。早ければ2014年にも沖縄クラウドの中核を担う最新鋭データセンター(DC)が開業。新DCは沖縄県内の既存DCとも仮想的に連携するかたちで、“オール沖縄”体制でDCサービスを提供するための準備が着々と進んでいる。沖縄は国内DCの約7割が集中する首都圏から1500km以上離れており、災害時でも同時被災の可能性が限りなくゼロに近いことや、アジア市場の至近距離にあるという地の利を最大限に生かすことで、首都圏やアジアに向けたバックアップや国際情報ハブの役割を担う。(取材・文/安藤章司)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

沖縄クラウド 大手ベンダーの利用が相次ぐ 地の利で課題の克服を目指す

日立とFRT、沖縄県のDCを利用するクラウドサービス「ちゅらうど」

オーシーシー DC生かしサービス事業を拡大

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>