既存のITベンダーにとって、ソーシャル、モバイル、クラウド、ビッグデータなどの新たなITトレンドへの対応は死活問題となりつつある。マイクロソフト、IBM、オラクルなど、グローバル市場のリーダー企業は、近年、一様にこれらの言葉を事業戦略のなかに散りばめている。しかし、国内の中堅・中小ベンダーは、こうした新たなトレンドをビジネスにしっかり結びつけている例は多くない。長年成果を出し続けてきた事業の方向性を大きく転換する必要があるわけだから、当然といえば当然だろう。その点、既存ビジネスのしがらみのないベンチャー企業は、初めから新たなトレンドに対応したIT商材を指向し、時代の波に乗って成長を目指している。この特集では、注目のITベンチャーのビジネスモデルにスポットを当てて、新時代のIT市場を生き抜くヒントを探る。(取材・文/本多和幸、ゼンフ・ミシャ、真鍋武)